プロジェクト参画メンバーのSuita SSTへの想い
(第7回:綜合警備保障株式会社)

①Suita SSTにおける役割

綜合警備保障株式会社は、1.警備 2.介護 3.綜合管理の三事業を通じて、拡大する安全・安心のニーズに対応し、強靭な「綜合安全安心サービス業」を目指しております。当社はFujisawa SST、Tsunashima SST、Suita SSTとパナソニック様をはじめ異業種共創で推進するまちづくり、サスティナブル・スマートタウン(SST)プロジェクトの全てにセキュリティパートナーとして一翼を担っております。

②Suita SSTにおける具体的な取組、特徴

Suita SSTは構想発表後のパートナー選定をいただいて以降、セキュリティWGのメンバーとしてコンセプトづくりから参画させていただきました。Fujisawa SST・Tsunashima SSTでの経験を踏まえて、さらに各SSTで実証実験した先進技術をSuita SSTでチャレンジする等、進化するまちづくりに関わらせていただけたことは他プロジェクトにはない経験であり、そのような取り組みを通じまして『先進技術と人が融合するサービス』がまちのいろいろなところや場面で活用できることも解ってまいりました。残念ながら実装するサービスとしては実現叶わなかったものもありますが、これからの安全・安心なまちづくり推進に繋がるものと考えております。

 

③サスティナブルかつユニバーサルなセキュリティの重要性、今後の展望

少子高齢化や自然災害、感染症等の社会課題に対して、社会課題解決型の次世代セキュリティモデルをここSuita SSTにて実現していきたいと思っております。

Fujisawa SST の空間・街・家・人による四重のセキュリティを基本に置き、Suita SSTではまちの特性から、街・施設・家ナカ・人にカスタマイズしたセキュリティを構築して参ります。更にここSuita SSTでは今までのタウンカメラによる抑止効果と映像録画によるセキュリティ事象の確認だけではなく、パナソニック様の最新技術であるAI画像解析技術の活用で更なるセキュリティ事象を把握しオートマチックで継続的な課題抽出と分析、対応のサイクルを回すことにチャレンジします。更には当社が持つセキュリティ運用サービスの融合によるサスティナブルでユニバーサルなまちづくりに貢献しながら当社も次期セキュリティシステムを追求していきたいと思っております。

④Suita SSTをどういった街にしていきたいかの想い

Suita SSTのセキュリティスローガンである「誰もがいつまでも安心してくらし、誰もがいつでも安心して訪れることが出来るまち」の実現に向けて、まちびらき後も持続的に安全・安心なまちづくりを目指して、セキュリティパートナーとして尽力して参ります。

 

 

Suita サスティナブル・スマートタウン協議会 理事

綜合警備保障株式会社

関西営業部 部長 広澤 政弘

※敬称略、所属役職等は寄稿当時

カテゴリ一覧へ戻る