Suita SSTは15団体・吹田市で進める多世代居住型健康スマートタウン。
パナソニックの推進するサスティナブル・スマートタウン第三弾、関西初展開。

ABOUT

Suita サスティナブル・スマートタウン(Suita SST)は、パナソニックが進めるCRE(企業不動産活用)戦略に基づく工場跡地等を活用したサスティナブル・スマートタウンプロジェクトの第3弾です。神奈川県藤沢市のFujisawa SST、横浜市のTsunashima SSTに続き、今度は大阪府吹田市とのパートナーシップのもと、次世代スマートタウンづくりを推進し、広く国内外に発信していきます。

サスティナブル・スマートタウン

「くらし起点」の
まちづくり

従来のインフラありきの設計に偏重せず、「人」を中心に置いた、サスティナブル・スマートライフを提案し、くらしの空間価値・時間価値を高めた、新しいスマートタウンづくりを進めています。

「社会・地域課題」を共創イノベーションで解決し、
様々なまちづくりへ提案

サスティナブル・スマートタウンでは、社会や地域の課題解決を目指し、まちづくりの中でパートナー企業、住民、自治体・行政、大学と「共創」する仕組みを導入、次世代のエネルギー、セキュリティ、モビリティ、ウェルネス、コミュニティのソリューションを開発・トライアルし、地域の 価値向上へ貢献するとともに、様々なまちづくりへ提案していきます。

CONCEPT

Suitable Town fro Fine Tomorrows

社会のあるべき姿を提案するまち

脱炭素を目指すこと、超高齢社会への対応は、これからのまちづくりにとって大切なこと、それは私たちの取り巻く社課題課題や社会環境の変化から目をそらすことなく、その解決に向け、一つひとつ、有望な道筋を見つけ出し、それらをくらしの中に実装していくことだと考えます。
例えば、再生可能エネルギーでまちの電力を賄うことで、カーボンニュートラルを世の中に先駆けて実現するのもその一つ。
またその時代・時間によって絶えず変化する一人ひとりのニーズを捉え、最適なサービスを提供しつづけることで、健康で生き生きとした明日を実現するのもその一つです。
Suita SSTは、「Suitable Town for Fine Tomorrows」のコンセプトのもと、未来のまちづくりにとって当たり前となっているようなソリューション・サービスを提案し続け、新たな時代の先駆けとなるまちづくりに挑戦していきます。

Suita SST
3つのタウンテーマ

  • 多世代
    居住
  • 健康
  • 地域
    共生

Suita SST 5つの提供価値
~Suita SSTから提案する目指す姿〜

SERVICE

5つのサービス領域における主な取り組み

カーボンニュートラルが当たり前の社会へ
~再生可能エネルギーを最大限活用し、いざという時も機能し続けるまち~

日本初の「再エネ100タウン※1」を実現

SuitaSSTは街の中で消費する電力をすべて再生可能エネルギーで賄う、実質再生可能エネルギー100%※2の街、「再エネ100タウン」を実現します。

※1:街全体の消費電力を継続的に実質再生可能エネルギー100%とすることを目指します。少なくともまちびらきから5年間は実現していきます。商業施設、住宅施設を含む街全体を対象とする取り組みは日本初です。(関西電力調べ)
※2:Suita SSTでは、関西電力より再生可能エネルギー由来の非化石証書を持つ環境価値を付加した電気の供給を受けるなど、街区内で消費する電力を実質再生可能エネルギー100%でまかないます。

Suita SST街全体で一括受電
停電リスクを軽減する2回線受電

電力は街全体で高圧一括受電し、各施設へ供給。エリア一括受電システムだからできる常用線と予備線の2回線受電引き込みにより、街全体の停電リスクを軽減しています。

※3:再生可能エネルギーの環境価値を取り出し、証書のかたちにして売買を可能にしたもの

太陽光、蓄電池、EV、先進ガス機器等の
活用による エネルギーレジリエンスの対策

太陽光、蓄電池、EV、先進ガス機器等の活用により街全体のレジリエンスの向上を図っています。

サービス主体者:関西電力、大阪ガス

シェアリング機能の先進エネファーム
ウェルネス複合施設に導入

「エネファーム」とは「都市ガス」から「電気」と「熱」を作り出す家庭用燃料電池システム。Suita SSTでは、1台のエネファームの排熱を複数住戸でシェアすることで、熱需要の少ない単身住宅においても無駄なく活用できる先進機能を搭載しました。

誰もがずっと、安心安全にくらせる社会
~誰もがいつまでも安心してくらし、誰もがいつでも安心して訪れることができるまち~

Suita SST内にALSOK待機所

万一の際の駆け付け対応など、日々の安心を見守るALSOKの待機所をSuita SST内に誘致

タウンセキュリティカメラ

AIや4K搭載の高性能タウンカメラでの『転倒』『滞留』『車椅子・白杖』等の画像解析を備えたシステムで街を見守り、取得したデータを分析

サービス主体者:綜合警備保障(ALSOK)

誰もがずっと活動的にくらせる社会
~生活を楽しみつつ快適なモビリティサービス~

地方都市との第二のふるさと提案

都市に住みながら、地方ならではの自然や食を味わい、楽しむ。地方を身近に感じられるくらしをご提供します。

サービス主体者:西日本旅客鉄道

環境配慮型モビリティシェアリング

電動モビリティ、吹田市と連携したサイクルシェア実証を展開。

誰もがずっと、健康で心ゆたかにくらせる社会
~誰もが健康で心ゆたかにくらしつづけられるまち~

パーソナルヘルスデータに基づく健康増進
維持サポート

住民の体質や日々のバイタルデータをもとに、食材のレコメンドを行うなど、人の体調の変化に寄り添った健康増進、維持の支援をします。

サービス主体者:興和

IoTを応用した認知機能低下の早期発見と
エビデンスに基づくケア

行動センシング技術を応用し日常の行動をデータ化。独自のケアプログラム等でサポートし、高齢者の生き生きとしたくらしを支えます。

サービス主体者:学研ホールディングス

「心」「身体」「社会」の3つの観点から
健康につながる健康まちづくりコード

学術的観点から、「心」「身体」「社会」の3つの項目について、9つのコードを策定し、健康に繋がる要素を取り入れたまちの空間やサービス設計。

※監修:竹中工務店・千葉大学予防医学センター

誰もがずっと、生き生きとくらせる社会
~多世代の交流が自然に生まれ、互いに支え合いながらくらしつづけられるまち~

多世代交流を促進する交流公園と
タウンマネジメント

キッチンカーイベント等、SuitaSSTに住まう方と地域の交流を促す催しを計画しています。

住民と街をつなぐタッチポイント
としてのタウンポータル

多世代がくらすまちだから使いやすいUI。
コミュニティ醸成のツールとして機能します。

サービス主体者:プライム ライフ テクノロジーズ

TOWN

笑顔と健康で、共につくるみらいのまち

Suitaサスティナブル・スマートタウン(以下、Suita SST)は、住民、自治体、行政、大学、パートナー企業といっしょに、エコで自然災害にも備えた、安心・安全なくらしが土台にあります。そしてこの街では生涯健康で長生きするくらしを「共創」でつくりあげていくことに重点をおいています。子どもから高齢者まで多世代がこの街で助け合い、地域住民と交流しながらくらしを楽しめる街にしていくことを目指します。

まちの全体目標

Suita SSTでは、次世代都市型スマートシティが達成すべき目標として、環境目標、安心・安全のレジリエンス目標を設定いたします。
またタウンテーマの一つである健康に着目した取り組みを行います。

環境目標

レジリエンス目標
くらしの継続

健康への取り組み
街での健康になるための仕掛け

くらしを支える「タウンポータル」

  • 住民とまちのインターフェース
  • 多世代が暮らすまちだから
    使いやすいUI
  • コミュニティ醸成のツール

タウンポータルサイト

Suita SST サポーター(※)の皆さま

※Suita SSTサポーターは、「再エネ100タウン」の実現を応援いただくことを目的とした、
関西電力管内でパナソニックが提供する電力買取サービス「ソーラープレミアム」のご契約者様が
契約満了に伴い参加いただいたプログラムです。
(既に本プログラムの新規お申込みは終了しております。ご協力いただきありがとうございました)

PLAN

Suita SSTは若者からファミリー、シニアまで、多世代が住まい集い交流する街区。住宅総数362戸の他に、ウェルネス複合施設、複合商業施設、交流公園を備えたスマートタウンです。

  • 1ファミリー分譲マンション
    施設名:
    パークナード・グラン吹田SST
    戸数:
    100戸 8階建
    敷地面積:
    3,921.48㎡
    管理:
    パナソニックホームズ 合人社コミュニティ
  • 2シニア分譲マンション
    施設名:
    パークナード吹田SSTエクラ
    戸数:
    126戸 8階建
    敷地面積:
    3,782.62㎡
    管理:
    中銀インテグレーション
  • 3単身者共同住宅
    施設名:
    OGU HOUSE 吹田SST
    戸数:
    73戸 6階建
    敷地面積:
    803.69㎡
    管理:
    大阪学院大学
  • 4ウェルネス複合施設
    施設名:
    Gakken多世代スクエア吹田SST
    7階建 敷地面積:
    2,142.66㎡
    交流ホール、サービス付き高齢者向け住宅 戸数63戸
    認知症高齢者グループホーム、在宅介護施設、学習塾 認可保育所
    運営:
    学研グループ
  • 5複合商業施設
    施設名:
    オアシスタウン吹田SST
    4階建(1階・2階店舗)
     
    敷地面積:
    9,150.76㎡
    運営:
    阪急オアシス
  • 6交流公園
    愛称:
    Suita Suitable square
    敷地面積:
    約1,408.97㎡

開発事業者:
パナソニックホームズ
JR西日本不動産開発

PARTNER

Suita サスティナブル・
スマートタウン協議会

まちのコンセプトである「Suitable Town for Fine Tomorrows」の実現に向けた、まちづくりを推進する協議会メンバー

代表幹事
Panasonic
幹事会員
一般会員
アドバイザリ

OVERVIEW

Suita SSTと「健都」連携

吹田市が近隣で進めている北大阪健康医療都市(健都)との相互連携により、地域全体の価値向上に繋がる取り組みを推進していきます。

物件概要

所在地
吹田市岸部中5丁目
交通
JR岸辺駅より徒歩9分
開発総面積
23,379.79㎡
周辺状況
本敷地東側にて都市計画
道路が2019年2月に開通

<Suita SSTのまち全般に関する問合せ>

Suita SST協議会

Eメール:ssst_council@suitasst.com

<関西電力への売電に関する問合せ>

関西電力株式会社 
ソリューション本部 開発部門 地域エネルギー事業グループ

Eメール:suitasst-supporter@b4.kepco.co.jp

お問い合わせ先

Suita SST協議会

Eメール:ssst_council@suitasst.com

<関西電力への売電に関する問合せ>

関西電力株式会社 
ソリューション本部 開発部門 地域エネルギー事業グループ

Eメール:suitasst-supporter@b4.kepco.co.jp

Suita SST 見学ツアー

Suita SSTは、パナソニックをはじめとする異業種共創でまちづくりを推進している次世代スマートタウンプロジェクトです。まちづくりの背景、コンセプト、サービス等を紹介し、実際街の中をご見学いただくことができます。
(ツアーのお申込みやお問合せについては、2022年5月以降下記サイト・見学ツアーページよりお受けいたします)